【リスク回避術】低投資から始めるスロット期待値稼働

収支

今回の記事は自分の実体験と、経験から考える低投資から始められ期待値稼働て書いていこうと思います。

まずは自分の実体験からの話から

自分は5年前は、1か月おこずかい4万円の生活する会社員でした。

その4万円で、低貸しパチスロに明け暮れる日々を送っていたのですが(ライトユーザーとして)ここで期待値稼働をするようになった出来事が起こります。

ある日、携帯の請求書を見ると2か月で30万円くらいの請求書が来ていたのです。

最初身に覚えのないものでしたが、よくよく調べるとその当時携帯を2つ持っていたんですが、使ってない方の携帯電話はパケ放題のプランに入っていなくiモードだけずっとつけっぱなしになってたらしく、それでこんな請求額に(´;ω;`)ウゥゥ

仕方なく貯金から切り崩して支払ったのですが、自分に無性に腹が立ってきて何とか

仕事以外でこのお金を取り戻せないものかと思い考えた末に思い付いたのがパチスロでした。

たまたま自分は、スロマガさんの旅打ちブログを見ていたので単純にこの人の真似すれば勝てんじゃね?っと思い付いて行動に移しました。

ただ月に4万円のおこずかいで20スロを打つには、あまりにも無理があるので、まずは4万円の投資を2倍と4倍にするべく10スロ5スロから期待値稼働を始めました。

スロマガさんの旅打ちでは、設定狙いの事も書いてあたのですが、その頃の自分は低スロに設定入らないと思っていたのと、設定狙いがまだ自分には無理(資金的、知識的)だと思って、ゲーム数狙いだけなら真似を出来ると思いゲーム数狙い1本で期待値稼働を始めました。

さてその時の1か月の収支が何と兼業で破格の+408900(5.10スロ稼働のみ)

出来過ぎですよね(;^_^A

その次の月(5月で資金増えたのでこの月からは5.10.20スロ稼働)

1.2ヶ月収支付けてどの位プラスになるのか知りたかっただけなので、その後はその年(2015年)は収支付けてなくて、ちゃんと収支付け始めたのが2016年

自分は、かなりツイてましたね!

期待値稼働最初の月がかなり上振れてくれて、この期待値稼働は稼げるんだという事が実感できましたからね。

これが2016年の7.8月が期待値稼働最初にきていたら、疑ってやめていたかもしれません。

2017年収支 +1848400

2018年収支 +783200

2019年収支 +4548634(7月まで会社員)

資金があまりない人やお試しでやりたい人などは、自分がやり始めたやり方をお勧めします。

あとはは20スロ稼働でも、ガルパンリセット狙い(逆押し1周)絆2リセット狙い(1周)

まどか新編リセット狙い(1周)モンキーターン4リセット狙い(2~3周)

スーパードラゴン、ハイパードラゴン(有利区間入ってから7周)

これらの良い所は、投資が少ないこと!

1~10周くらいしか回さないですからね~

設定狙いでは、リスクが少なく稼げるのは

1.はなび通 設定H狙い(Hの50枚辺りの回転数が7700回転)

朝一判別が1~2Kで済みます(110%8000回転計算で2400枚の期待枚数)

2.タロットエンペラー(設定5.6のベル確率が設定5が6.76 6が6.49と断然に良い)

タロットエンペラーも投資2Kくらいで判別できます。

3.聖闘士星矢SP 朝一のアイキャッチ画像と火時計示唆で

アイキャッチならモードが通常以上の示唆で続行

火時計なら緑以上で続行

この2つ出ればほぼ設定456はあるでしょう。

設定狙いで投資少なく稼ぎたいのであれば上記の3つの設定狙いをお勧めします。

今回の記事で紹介したもので、読者様の稼働の参考になれば幸いです。

もし期待値稼働で分からない事とかあれば、TwitterのDMとかで聞いてくれれば、自分が分かる範囲でお答えしますので気軽に聞いてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました